個人プロギング紹介・サポート

プロギングの始め方とポイント

イベントを開催して多くの人とプロギングを共有したい。でも何を始めたらよいのか詳しく教えてほしい。そんな方にプロギングイベントをスムーズに始められるように、数ある経験からポイントを説明させていただきます。

1.プロギングジャパンが開催をサポートします

まずはプロギングジャパンに問い合わせをしてください。軍手やバッグのレンタル、行政との連携方法、駐車場の確保方法、プロギング中の安全確保、ゴミの回収方法など、みなさんが安心して始められるようにいろんなサポートをさせてもらっています。また、既存の団体であればパートナー登録していただくことで、公式ページ告知、ノボリの提供、公式Tシャツや軍手などのサービスなどが可能となります。
個人プロギングサポート希望フォーム

2.場所と日時を決めて広報する

場所と日時を決めて広報する

プロギングイベントはこれだけで開催できます。まずは開催する地域と、多く方が集まりそうな日時を決めてください。イベント名は地域名に「プロギング」を付けるシンプルなものがおすすめです。

場所と日時が決まればあとは広報するだけです。プロギングジャパンにお知らせして頂くかご自身のSNSに投稿すれば、思っているよりも多く仲間を集めることができます。定期的な開催が特に効果的です。二回三回と繰り返すことで認知され参加者も安心して参加できます。継続は力なりです。

  • 場所は公園など広くて集まりやすい所がオススメ
  • 人通りが少ない時間帯が危険も少なく楽しい
  • 地元フェスやフリマなどとのコラボで影響力アップ
  • 夏場は朝夕の涼しい時間帯にしましょう

3.チェックリストで準備するものを確認

開催に向けての準備はチェックリストで確認しましょう。チェックリストを全て押さえることができれば完璧です。

その中で多い質問はゴミの処理についてです。行政が回収してくれることもあるため、まずは開催地域の環境事業所(クリーンセンターなど地域により呼び方に微差あり)にボランティア清掃をする旨をお伝えいただき、どのようなサービスがあるかを確認してみてください。
プロギングチェックリストを見る

4.イベント当日の流れとポイント

準備を整えたらいよいよ開催です。イベント当日を「プロギング前」「プロギング中」「プロギング後」の3つに分けてポイントを紹介しています。

5.プロギング中は楽しいを共有する

動画の最後でも触れていますが重要なのは楽しむことです。
笑顔は人を惹きつけ、初めは小さな活動でもやがて大きな力となっていきます。主催者も参加者も楽しめる空間作りを目指してどんどんイベントを開催してください。

あなたのプロギングをシェアして知ってもらう #プロギング

シェアをすることであなたの思いを何倍にもできます。プロギングが終わったら楽しい写真や動画をSNSにて世界に発信しましょう。できるだけ多く方に知ってもらうこともプロギングの重要なエシカル効果です。共感によるプロギング実践者は何倍にも増えていくはずです。instagram、twitter、Facebookにて #プロギング をつけて投稿してください。

​6.Facebookプロッガー交流グループへ参加

Facebookにてプロッガー交流グループを作って盛んに情報交換をしています。プロギングをする人達同士の交流の場がひろがることでゴミが減ることは間違いありません。イベントを開催したい方はグループをどんどん活用して下さい。さらに、聞きたいこと、不安がある、提案など、どんな小さなことでもお問い合わせフォームから気軽にお問い合わせ下さい。
Facebookプロッガー交流グループ

1. プロギングとは
PlockaUpp拾う+Jogging走る=Plogging
SDGs目標3すべての人に健康と福祉を

プロギングはゴミ拾い(PlockaUpp)とジョギング(Jogging)を合わせたスウェーデン発の新フィットネス。ダイエット、ストレス解消、環境改善などの効果があり。一週間にクレジットカード一枚分のプラスチックを食べている現在。海に流れるプラごみを拾う姿を見て考えて欲しい。走って健康に拾ってエコに集まって交流を。地球を足元から変える。出来ることから始めてみませんか。

もっと詳しく

2. プロギングを開催したい方へ
山で海で街で。誰でも始められます
SDGs目標14海の豊かさを守ろう

必要なのは手を上げて仲間を集めることだけ。公式サポートなら効果のあるイベントになります。協力団体に登録いただければ告知・運営・決済・協賛などサポート可能です。地元でリーダーとして主催できる方、イベントとのコラボをお考えの方、現状のボランディアを進化させたい方など、どなたでもお気軽にお問い合わせください。丁寧にサポートさせていただきます。

お問い合わせ

3. 民間団体パートナー募集
活動中または検討中のみなさまへ
SDGs目標17パートナーシップで目標達成

ひとつのゴミを拾うだけで共感する人が増え、持続可能な社会につながる。プロギングを「環境ワクチン」と定義し普及したい。主催イベントの参加費を無料にし、どこでもだれでも参加できるように取り組んでいきたい。この素晴らしい活動を世界に広めるには活動費用が必要です。現在、寄付のみで活動費を捻出しております。エシカルグッズの開発や販売にもご協力お願いいたします。

登録する

4. 企業や行政の方へ
地球を守る企業として協力してください!
SDGs目標12つくる責任つかう責任

この活動に賛同し協賛していただけるあらゆる企業、団体、個人を随時募集しています。マイクロプラスチック問題への直接的解決はもちろん、環境意識の高さをわかりやすく伝える事ができます。企業イメージ向上に繋がることは間違いありません。メディアの注目度が高く露出効果も見込まれます。ノボリ、ゼッケン、ホームページ、ブログ、などでも常にご紹介させていただきます。

お問い合わせ

5. 寄付で応援をお願いします
すでに活動中の団体と一緒に取り組みたい
SDGs目標17パートナーシップが一番重要

活動中のプロギング可能な団体やチームのパートナーを探しています。ゴミ拾い団体に限らずプロギングを実践して頂けるチームであればOK!プロギングを取り入れることで「活動の継続性」「チームの繋がり」「地域への認知」が格段に上がります。承認後にプロギングジャパンよりインスタ映えする「パートナーペナント」をお送りいたします。

寄付で応援する

6. コロナ禍でもプロギングを
少人数でできる安全で確実な環境改善!
SDGs目標11住み続けられる街づくりを

官邸発表でも「野外で行うスポーツ」は推奨されています。ゴミを拾いながらのジョギングは体力と免疫力の向上やストレス解消にもなるピッタリのエクササイズ!コロナ禍では次の事項にご注意ください。
・2mの間隔がとれる人の少ない所で行う
・軍手やトングを使ってゴミを拾う
・終わったら手洗いうがいを行う

もっと詳しく

サスティナブルで環境に優しいものを集めました

もっと詳しく

一般社団法人プロギングジャパン
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル5F
050-1377-4418
info@plogging.jp

滋賀県彦根市で山を愛する大学生が起業した協会。
プロギングをコンセプトにしたリサイクルTシャツや最新ジョギングウエアの開発販売も行っています。
共感して頂ける方の協賛もお持ちしております。

プロギング(plogging)の開催やコラボのご依頼はプロギングジャパンへ。公式団体として世界と繋がりながら日本のプロギング活動を支援します。マイクロプラスチック問題に正面から対抗。走って健康に拾ってエコに集まれば新しい出会いがある、北欧スウェーデン生まれのお洒落なムーブメントです。イベントの他に高機能かつエコなフィットネスウェアも厳選販売。イベント開催希望者、コラボ希望者、その他どのようなご質問もお気軽に問い合わせフォームからどうぞ。

当サイトの画像および文書の無断転載は禁止です。

©2013-2022 PloggingJapan All Rights Reserve.